楽天の新サービス『楽天リアルタイムテイクアウト』

楽天リアルタイムテイクアウト,楽天市場,楽天新サービス

新型コロナウイルスに係わる緊急事態宣言で高まるフードデリバリー需要

緊急事態宣言が5月末まで延長されました。

これで丸二か月ほど、不要不急の外出は避ける日常が続くことが決定したわけですね。

最初のうちは、「自炊でもがんばっちゃおう!」「カレー作ってみようかな!?」「燻製なんかやってみちゃったり」と夢が広がっていたんですが、1か月たって振り返ってみると

ほとんど料理しなかった!

こんな人が多いですよね。

外に出ずに食料を確保するには、出前、今風に言うとフードデリバリーの活用しかありません。

かくいう私も、Uber Eatsや楽天デリバリーを活用していました。

ただ、1か月使っていると、フードデリバリーにも飽きてきてしまいました。

頼んでから、宅配の人を待って、いつ来るか気にするのも案外ストレスだったりします。

街で増えるテイクアウトのみ対応する飲食店

日用品の買い出しなどで街へ行ってみると、有事になる前に良く通っていたお店がテイクアウト可能になっていることを見かけますね。

チェーン店がテイクアウト対応になっているのは、インターネットで調べればすぐ見つけられます。

しかし、ホームページを持っていないような個人経営の飲食店が、テイクアウトを始めたことを知るのって、行ってみて偶然見つけるしかないですよね。

普段行っていた飲食店がテイクアウトを始めるなら、ネットでわかるといいんだけどな。

しかしながら、個人経営の飲食店の多くは、自力でホームページを作ったり、チラシを配って周知するなんて労力や費用をかける余裕はなさそうです。

もし、デリバリーのように、テイクアウトの予約や決済の管理を一手に引き受けてくれるプラットフォームがあれば、テイクアウトを始めたいんだけどなあと考えている飲食店も多数あるでしょう。

楽天リアルタイムテイクアウトが2020年5月7日(木)から始まる

そんな飲食店とユーザー両方の悩みを解決すべく楽天が立ち上げた新サービスが『楽天リアルタイムテイクアウト』です。

楽天会員は、①地元のよく行く飲食店がテイクアウトできるのかが分かり、②家でゆっくり食べたいものを選ぶことができて、③待ち時間なしで、出来上がった料理をテイクアウトできて、④楽天ポイントが溜まるというメリットだらけです。

登録する飲食店も、①自前でホームページを作らなくても集客・注文~決済までやってくれるプラットフォームに出店できて、②楽天会員という1億人以上(2019年9月時点)の顧客との接点を持つことができて、③毎週金曜日に閉めて、よく金曜日には入金という安定した入金サイクルを利用できて、④なんと 2020年10月31日まで、初期費用・月額利用料・売り上げに応じたシステム利用料が無料で使える、そして管理用のスマートフォン端末は無償で貸与の予定というメリットだらけです。

ちなみに、サービスの完成予想図は下記の画像のようになるようです。

東京都の渋谷駅および五反田駅の周辺地域にある飲食店187店舗から利用可能となり、全国の飲食店に順次拡大していきます。

楽天

ということなので、全国で利用できるようになるのが、本当に楽しみです。

2020年11月以降の店舗出店費用は?

サービス立ち上げというのと、新型コロナウイルスに係わる自粛状況から日本の飲食店を救おう!という楽天の気概から、2020年10月末までは、初期費用・月額利用料・売り上げに応じたシステム利用料が無料という楽天リアルタイムテイクアウトですが、11月からはどんなコストがかかってくるのか表にまとめてみました。(2020年5月4日現在)


2020年10月31日まで 2020年11月以降
初期費用 無料
月額利用料 無料 3,000円(税別)/店
売上に応じたシステム利用料 0% 売上の6%(税別)
カード決済手数料 売上の2.75%(税別)
別途カード決済手数料の固定費として9円/1回
注文キャンセル手数料(店舗様、お客様起因のキャンセルともに):5円/1回(税別)
売上の2.75%(税別)
別途カード決済手数料の固定費として9円/1回
注文キャンセル手数料(店舗様、お客様起因のキャンセルともに):5円/1回(税別)

スマホで注文 待たずにテイクアウト 楽天ポイント10倍キャンペーン

プレスリリースで確認しましたが、サービス開始の5月7日(木)から、楽天ポイント10倍キャンペーンを開催するようですね。

楽天は、5月7日(木)より、「スマホで注文 待たずにテイクアウト 楽天ポイント10倍」キャンペーンを開始します。

キャンペーン開催中に、本サービスを利用して、対象飲食店の商品をテイクアウトにて購入したユーザーを対象に、購入金額に応じて、「楽天ポイント」を通常時の10倍付与(注3)します。なお、本キャンペーンのポイント費用は、すべて楽天が負担します。

楽天

1000円のお弁当を頼んだら、実質、900円の負担で済んでしまうわけですからお得ですよね。

楽天カードで決済出来るのなら、さらにポイントが付きそうですが、対応するのでしょうか?

地域経済にとっても、すごく明るいニュースでした。

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m